未分類

<空間づくりのポイント>床の高さを変えて作る「スキップフロア」の効果とは?

更新日:

みなさん、こんにちは。

今日はモーリンママが、スキップフロアについて紹介したいと思うの。

 

スキップフロアとは、周辺よりも床の高さを変えたフロアのことよ。
リビングダイニングやその周辺の空間に取り入れることが一般的ね。空間にあえて段差を設けることで、以下のような効果があるのよ。

◆◆室内が広く見える

段差があることで、視点に変化が生まれて空間に広がりを感じることができるの。空間を壁で仕切らなくてもメリハリが作れて、しかも広く感じる。うれしい視覚効果ね!

◆◆収納スペースを作れる

スキップフロアの下に収納スペースを設けることもできるの。お子さんのおもちゃなど日常的に使うものから、頻繁には利用しないけれど収納スペースが必要になる来客用の布団セットまで、空間の有効活用でしっかり収納できるわよ。

◆◆室内を明るくする

太陽の光が入る方角のスペースを高くし、反対に光の入らない方角のスペースを下げることで、空間全体に光を通しやすくすることも可能。明るい室内を作る方法として、スキップフロアを取り入れるということね。

スキップフロアは、森本興産のモデルルームにも取り入れていて、とっても評判よ。

ここで紹介したポイントのほかに、「リビングの段差は、ちょっと腰をかけるのにも快適です」というお客様のお声も♪

 

スキップフロアを実際に見てみたい方は、ぜひモデルルームの見学に来てね!

それじゃ、今日はこのへんで。バイバイグリーン♪

-未分類

Copyright© 森本興産株式会社公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.